大阪から鳥取への引越しを体験!

今からちょうど4年前の事です。
業者は、数社相見積もりをとりましたが、結局1番安く、当時は人気だった【アリさんマークの引越社】にお願いしました。
なにしろ、大阪市内から鳥取県の田舎への長距離移動で、しかも子ども連れの大荷物。値段が最優先でした。

一番大変だったのは、鳥取の新居への搬入道路が大変狭く、小さな軽トラックへすべての荷物を詰め替えての搬入だった事です。もちろん、長距離移動なので、引越しも2日を要し、疲労もありましたが、そこは鳥取。1日目の重労働の夜は温泉施設へ宿泊し、疲れを癒す事ができ、良い思い出になりました。

ただ当初、地域の特長をまだ全く理解してなかった私。大阪に住んでいた通り洋服をタンスにぎゅうぎゅう詰めに仕舞い込んでしまったがため、、、その翌年にはほとんどのスーツがカビだらけになったのでした。

住む地域を変えるという事は、住まいの仕方も変えないといけなかったのです。その冬、この事をさらに痛切に感じる事件を体験しました。

鳥取県は真冬になると、あまり知られてはいませんが、数10センチの雪に度々見舞われます。すると、今まで大阪での乾燥した冬しか知らなかった私がまず驚いたのは、肌が全く乾燥しない事でした。が、それだけでは終わりません。

全く太陽の光を見ない日が続くので、洗濯乾燥機は毎日フル回転。電気代にびっくりでした。部屋が床から湿気ているので、布団のマットレスが毎朝べっとり濡れます。その冬は、除湿機だけでなく、布団乾燥機も購入することに。あまりに予想外の連続出費でした。

引越しで、出費をさらに抑えたいなら、まず引越し先の地域の特性を知る事も大事です!良ければ参考になさってくださいね。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です